永久脱毛をする上で、色素沈着された肌の場合

現在、永久脱毛効果がある脱毛法で、人気なのは、クリニック等の医療機関で行っている医療レーザー脱毛です。
医療レーザー脱毛は、メラニン色素に吸収される特性があるレーザーを照射する事で行う脱毛法です。
ムダ毛をなくしたい部位に照射をすると、ムダ毛の毛先からレーザーの光が吸収され、毛根を発熱させる事で、毛根組織と毛乳頭を破壊し、自然に毛が抜け、次にその毛穴から毛が生えて来ない状態にしていきます。
ただ、このメラニン色素は毛の他に、ホクロや日焼けした肌にも多く含まれており、日焼けした肌等に照射すると肌を発熱させ、火傷の原因となってしまいます。
そして、メラニン色素は、自己処理の際に肌にストレスがかかる事によりできた色素沈着をした部分にも多く含まれています。
薄い色であれば問題なく照射出来るのですが、濃い色の場合、美白剤などを併用しながら、施術をしていく事になります。
よほどの濃さでない限り、施術が出来ないという訳ではありません。
永久脱毛が完了すると、自己処理の必要がなくなり、肌へのストレスが減り、色素沈着も自然と消えていく事になります。
ですから、出来てしまった色素沈着対策としても、永久脱毛の施術は有効です。

筆者について

Sakakin

記事を表示 →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です